FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊輔「ショック」…隣室でエスパ主将が突然死

 【バルセロナ9日】日本代表MF中村俊輔(31)の所属するエスパニョールのDFダニエル・ハルケ主将が、遠征先のイタリア・フィレンツェ合宿中に心不全により急死した。26歳だった。ホテルの隣室だった俊輔もショック。予定された親善試合も中止し、本拠地・バルセロナに戻ったチームは、一様に硬い表情だった。若手DFを次々と放出したこともあり、思いもよらぬ事態に陥った。

 痛ましい悲劇がイタリア遠征中の俊輔とエスパニョールを襲った。

8日、フィレンツェ郊外、コベルチャーノのホテルで若き主将ハルケ選手が急死した。

 「ショックだよ。こんなことは初めて。練習でも普通だったのに…」。俊輔が絶句した出来事は、突然起きた。午後の練習がオフとなり、ハルケ選手は自室でバルセロナで待つ妊娠9か月の恋人に電話をかけ、その最中に意識不明となった。動揺した恋人が、宿舎で同室のMFコロミナスの交際相手に電話で異変を知らせ、選手らが部屋に駆けつけたとき、すでに呼吸をしていなかった。宿舎で隣室にいた俊輔も6番目に部屋に入り、人工呼吸と心臓マッサージを施す同僚らとともに必死に声をかけた。

 5分後にチームドクターのミゲル・セルベラ氏が蘇生(そせい)措置を行い、救急車でフィレンツェ市内の病院に搬送されたが、午後8時頃に死亡が確認された。10日ほど前にエスパニョール全選手が心電図検査を行った後の訃報。俊輔とハルケ選手は7月20日、合宿地ペララダ近郊の高級リゾート地カダケスのレストランで昼食をともにするなど親交を深めた。エスパニョール下部組織出身の生え抜きで、スペイン代表も嘱望される実力者で甘いマスクから人気も高かった主将は、「やはりナカはいい選手」と、同25日のペララダ戦後に語っていたが…。

 チームは9日のボローニャ戦と12日のリボルノ戦を取りやめ、この日午後、急きょバルセロナに戻った。アルゼンチン代表DFパレハとの二枚看板に頼るため、U―21スペイン代表DF2人を売却。古豪の強化計画は、信頼できる主将の衝撃的な急死で、根底から揺るがされることになった。

 ◆ダニエル・ハルケ 1983年1月1日、スペインのバルセロナ生まれ。享年26歳。センターバック。2002~03年シーズンにエスパニョールでプロデビューしチーム一筋。03年、U―19欧州選手権でスペインの優勝に貢献。05~06年季は国王杯優勝。06~07年季はUEFA杯決勝進出に貢献。今年7月、チーム主将に就任。選手の人望も厚く、フル代表入り間近といわれていた。188センチ、79キロ。
(引用:livedoorスポーツ)

信じられないですね・・・
妊娠中の彼女もまさかこうなるとは思わなかったでしょうね・・・
ご冥福をお祈り致します。

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

Tag : 中村俊輔 エスパニョール ダニエル・ハルケ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Jリーグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。