FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡ちゃん屈辱「日本の監督だれ?」「オレだよ」

岡田ジャパンとオランダとの間に“遺恨”が発生した。日本代表の岡田武史監督(53)が6日、W杯南アフリカ大会の組み合わせ抽選会から帰国。抽選会場では同じ予選E組のオランダ・ファンマルバイク監督(57)と9月の親善試合以来の再会を果たしたが、岡田監督は日本代表監督であることすら気づいてもらえない屈辱を味わった。雪辱に燃える指揮官は予選リーグで最低でも勝ち点5を奪い、予選突破することを宣言した。

岡田監督は明らかにムカついていた。

来年6月開幕のW杯組み合わせ抽選を終え、南アフリカから帰国した岡田監督は、決戦の地で受けた“屈辱の瞬間”を自ら振り返った。

「オランダの監督さんとずっと話していたんだけど、僕が日本代表の監督と分かってなかったみたい。ところで日本の監督は誰なの?って。“オレだよっ”って言ったんだけど忘れていたね。“あーっ、そうか”って言われた。9月の試合前に握手もしているのにね。その程度にしか思われてないんだよ」

同じ予選E組のオランダ・ファンマルバイク監督から、その存在を忘れられていたのだ。世界的には無名の岡田監督とはいえ、オランダとは9月に対戦したばかり。敵将は誰と思って話していたんでしょうね?と問われると「知らん!失礼な話?いや、そんなことはございませんよ」とふてくされぎみに話した。

この“屈辱”は本大会で晴らすしかない。岡田監督は、予選E組すべての国から勝ち点を奪うことを宣言した。「3引き分けで予選突破は無理。どこかは勝たないといけない。すべてに勝ちにいきます。特に初戦のカメルーン戦が大事。オランダ相手だって、引き分けなんて考えない」。最低でも勝ち点5を上げ、予選突破の2位以内に食い込む算段を立てた。

抽選の結果、予選2試合が標高1500メートル近くの高地となったが、不安はない。指揮官は既に陸上関係者ら高地トレの専門家と接触。「(大会直前に行う)スイスのキャンプ地は標高1800メートル。そこで2週間、生活順化させれば問題はない。これから、スタッフとは予選を勝ち進んだ場合の準備について話し合うよ」と言い放った。本大会では敵将に2度と忘れられないインパクトを与えるしかない。
(引用:livedoorスポーツ)

Tag : 岡田武史

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Jリーグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。