FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島・小笠原初MVP!国内主要大会総なめ

鹿島アントラーズ

 Jリーグは7日、都内で「2009Jリーグアウォーズ」の表彰式を行った。最優秀選手は史上初のリーグ3連覇に貢献した鹿島のMF小笠原満男(30)がプロ12年目で初受賞。新人王はルーキー最多得点記録の13得点をマークしたFW渡辺千真(23)=横浜M=が受賞。

 プロ12年目で初めてMVPに輝いた小笠原は「1年間を通してのパフォーマンスを、いろいろな人が評価してくれた賞。価値あるもので光栄に思う。鹿島にかかわるすべての人々に感謝したい」と、“感謝の気持ち”を強調した。

 昨年9月に左ひざを手術し、今季は32試合に出場。“フル稼働”は05年以来で「人生初のリハビリで始まった特別なシーズン。(全治6カ月だったが)5カ月を切って戻れた。感謝とともに、いろんな思いがある」と最高の栄誉をかみしめた。

 4年ぶり6度目のベストイレブン表彰式で、鹿島からは小笠原を含めて3人しか選出されなかったことに「チームメートが少ないのが残念。もっと評価されても良かったかな」と、選ばれなかった同僚を思いやった。

 今回のMVPで、チャンピオンシップ、天皇杯、ナビスコ杯に続き、国内主要大会のMVPを総なめにしたが「来季?3連覇すれば、4連覇、5連覇したくなる」と、どん欲な姿勢を見せた。国内13冠の名門鹿島にとって、いまだに手が届かないのがアジア制覇だ。残された“1冠”に向けて「絶対に取りたかったタイトルが(今季は)取れなかった。全タイトルを取りたいが、特にそこだけは」と、来季のアジア・チャンピオンズリーグ制覇を最大目標に掲げた。
(引用:livedoorスポーツ)

Tag : 鹿島アントラーズ 小笠原満男

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Jリーグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。