FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊輔、先制アシスト!お見事V復帰

横浜F・マリノス

 「J1、横浜M3‐0湘南」(13日、日産ス)

 日本代表MF中村俊輔(31)の約8年ぶりのJリーグ復帰戦となった横浜M‐湘南は、中村俊が先制点をアシストするなど横浜Mが3‐0で快勝し、今季初勝利を挙げた。開幕戦に勝ったチーム同士の2試合は、川崎が名古屋に3‐2で競り勝った。清水は日本代表FW岡崎慎司(23)の今季初ゴールなどで山形に3‐0で完勝した。

 黄金の左足がきらめいた。前半22分、この日最初のCK。

MF中村俊が放ったクロスは吸い込まれるようにDF栗原の頭へ。強烈ヘッドで先制点が生まれると、背番号25が思わず右拳を握る。会心のアシスト。直後に照れながら10日に誕生した第3子を祝う揺りかごポーズを見せると、スタンドから俊輔の帰還を祝う歓声がわいた。

 2792日ぶりのJ先発出場。セットプレーだけでなく、チーム2位の5本のシュートを放った。確実なキープでカウンターを食らうことも減少。右サイドでためを作って後半16分の追加点のきっかけをつくり、タックルでボールを奪う姿もあった。「トリコロールのサポーターが、前と同じように名前を呼んでくれた。久しぶりに歓声を聞けた。帰ってきたかなと思う」。直前合流ながら、サポーターの前で際立つ存在感を見せつけた。

 たくましくなって帰ってきた。4日の身体検査で、同様のテストを行った06年ドイツW杯時より持久面が大幅に向上したことが判明。心肺能力が上昇し、無酸素運動からの回復力は倍近くに。「まだ伸びてるんだと思ったよ」。視察した日本代表・岡田監督も「よかったんじゃないですか。心配はしていない」と改めて信頼を口にした。

 凱旋試合で3発快勝。試合後はテレビカメラ14台、約130人の報道陣が殺到した。だが南ア4強を目指す岡田ジャパンの司令塔は「もっと上を目指してる。どれだけの人に囲まれてもブレない」と笑みを見せない。エスパニョール時代のDVDを見て、欧州で得た課題を思い起こし、マリノスの若手にも向上心を植え付けるつもり。高き志を抱き、故郷・横浜経由で喜望峰を目指す。
(引用:livedoorスポーツ)

中村俊輔の“I Love Soccer”サッカー教室〈永久保存版〉 [DVD]

Tag : 横浜F・マリノス 中村俊輔

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Jリーグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。