スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田 ミラン新加入で異例「10番」 バッジオも遠慮

本田圭佑すごいね~
ACミラン入りで10番!!
卒業文集通りだよ!!

「将来の夢」

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131213-00000046-spnannex-socc

 11日に今冬のACミラン入りが明らかになった日本代表MF本田圭佑(27=CSKAモスクワ)が12日、成田空港着の航空機で帰国。同クラブのガリアーニ副会長は背番号10を与えることを明言しているが、フリットやボバンら数々の名選手が背負ったミランの10番はこだわりを持って守られたナンバーで、たやすく新加入選手に渡ることはなかった。

 ユーゴ代表の「天才」サビチェビッチはとりわけ番号に愛着のあった一人で、あのイタリア代表のスーパースター、ロベルト・バッジオの加入時にも「これは俺の番号だ」と宣言。むしろバッジオの方が「練習での姿勢を見て納得した」と遠慮したほどだ。

 最近ではオランダ代表のシードルフが7年間背負い続けた。「この番号に対する責任があるから自分は上達できた」と言ってはばからず、バルセロナからブラジル代表ロナウジーニョが移籍した時も譲る気はなし。もちろんピッチでは攻守両面で質の高いプレーを披露し続けた。

 ミランの10番はいわばプロ精神の象徴と誇り。本田に対する期待が大きいのは間違いない。そして本田にはそれに応える責任もある。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Jリーグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。